バイオBB弾大検証
キングアームズ製バイオBB弾がCIMAXに初上陸!! その性能やいかに!?

■他3メーカーと徹底比較!
検証方法は、CIMAXのシューティングレンジ(屋外30m)の的・モケイパドックのシューティングレンジ(屋内20m)の的に対して、CIMAXレンタル銃・G&G製CM16、東京マルイ製ハイキャパ5.1、私物の東京マルイ製次世代電動ガンCQB-Rでそれぞれ射撃。東京マルイ・G&G・S2Sの3メーカーのバイオBB弾も使用して、比較検証を行なった。

結果:他社よりわずかに有利! 
さらに価格は・・・!?


3種類の銃、4メーカーの弾で屋内・屋外で試したところ、驚いたことに的への集弾性、初速はどれもほぼ同じであった。KA製に関しては弾上がりも悪くなく、スムーズに射撃が出来た。
つまり、攻防戦で弾幕を張る使い方も出来るし、セミオート戦で狙って当てる分にも十分使える。昼食後のハンドガン戦でも如何なく能力を発揮できるだろう。性能が同じならば値段はどうか。各社の弾価格表を確認してほしい。

【価格表】
※0.20g弾をCIMAXで買った場合
マルイ=1発0.50円(5000発2,500円)
G&G=1発0.44円(5000発2,200円)
S2S=1発0.43円(2800発1,200円)
KA=1発0.40円(5000発2,000円)

各社別使用後のシューティングシート
屋外で使用したシート。ヒットした箇所にシールを貼った。
各社別性能レーダーチャート
集弾性や価格など、5段階評価で各社を表すと、このような結果に。
まとめ
★レンタル銃・次世代銃での弾詰まりは確認できず!
★集弾性、初速など、総合性能は一歩リード
★どのメーカーよりもお買い得♪

※記載された内容は、CIMAXが独自に調べた結果ですので、CIMAXでご利用の方のみご参考になさってください。